スタッフブログ

タカラのお風呂はいいもんだで~

米子市岡成F様邸浴室改修工事のご紹介です!

Y様は以前にタカラショールームにて開催されたリフォーム相談会に来場いただいたお客さまでY電気(大手家電量販店)さんとの相見積もりで当初のご依頼をいただきました。

家電量販店さんのチラシをみて相談したものの選べる商品の幅が狭いことと打ち合わせがスムーズにいかなくお悩みだったところ当社にも見積り依頼をいただきました。いくつかメーカーさんの商品をご提案させていただいたところタカラスタンダードさんのホーローパネルを大変気に入られタカラさんのお風呂を選ばれました!

.

【  着工前  】

DSCN3442.JPG

大変大きなお風呂で奥行きは2m、幅は1m80cmもありました!広くていいのだけど冬場は浴室が温まりづらく、また床のタイルが剥がれてしまったのがきっかけです。とのこと・・・

DSCN3441.JPG

お風呂の窓もお悩みの一つでした。

窓は断熱性能が低いので外気からの冷え込みが大きいのです。また、高さも低く大きいので女性が入浴される際には外から姿が映りイヤだな~とF様。

【  完 成  】

IMG_4294.JPG

今回採用させていただきましたタカラスタンダード『レラージュ1620』、こちらはタカラさんの商品の中でも高グレードの高級浴室です!すべてが洗練されたデザインでみてるだけでうっとりしてしまいます・・・

.

IMG_4300.JPG

お悩みのひとつだった窓も小さいもの、かつ二重ガラスになったので安心してご入浴いただけます!

.

IMG_4295.JPG

大きなカウンターで顔洗いもばっちり!奥様やお嬢様たちがに喜んでいただけること間違いなし!

気づきましたでしょうか?

タカラさんの高グレードのお風呂は床がタイルになっているのです!!!

こちらのタイル床、非常に優れもので事前に浴室暖房をつけておくと熱を吸収して温かくなるのです!タカラショールームにて体験できるのですが私も初めて体験した際には度肝を抜かれました・・・

.

IMG_4296.JPG

浴槽もホーロー仕様となっていますので傷や汚れに非常に強い!

また、タイル床と同様、浴槽もお湯の熱を吸収し肌に触れている部分もあったか快適です(^^♪

.

IMG_4297.JPG

浴室換気乾燥暖房機の取付も行いました!

浴室の大きさに合わせて200V仕様ですので快適にお使いいただけるかと思います。

.

F様には応接室や外壁塗装についてのご依頼もいただき春先に着工予定です。

今後も末永いお付き合いをお願い致します(*^^*)

.

工事内容  浴室改修(在来→UB)、脱衣場改修、内装工事、給排水工事他

工事金額  ¥1,700,000(税込)

工期    7日間

~古民家再生リフォーム(ダイニング・キッチン編)~

高林様邸リフォーム1 (640x282).jpg私が子供の頃によく見かけた昭和のレトロな炊事場と言ったような印象でした。

コンクリート製のシンクにタイルが貼ってある流し台。現在では貴重な存在となってしまいました。

外部に面する窓は木製の硝子障子。風が吹く度にガタガタ音が響き、隙間風が入ると寒くてたまりません。

食事を作る場所と食べる場所とが障子で仕切られているため、昼間でも明かりが入らず薄暗い雰囲気でした。

高林様邸リフォーム2 (640x284).jpg

台所はテーブル感覚で楽しめるオープンスタイルにして賢く整理整頓ができるシステム収納を配置しました。デザインも古民家の雰囲気に溶け込んだように美しい木目が温もりを感じさせて使い心地も居心地も良くなりました。そして悩みの種だった断熱対策も床、壁、天井の全面に断熱材を隙間なく入れ、窓ガラスには特殊金属膜効果で夏は強い日差しをカット。冬は室内をより暖かくする特殊なガラスに交換しました。

高林様邸リフォーム3 (640x364).jpg

高林様邸リフォーム4 (640x372).jpg

一日の中で一番長く居る場所だからこそ、より贅沢に心地良い空間にすることが大事だと思います。部屋の中がとても静かで暖かく快適な空間になり、昔々の面影を残しつつ、その中に新しいデザインのキッチンが自然に溶け込み、みんなで料理を作りながら賑やかに食事ができる新しい空間に変身しました。

築100年を経過しても更に10年先、20年先もずっと想い出の詰まった我が家で快適に過ごしたいものですよね。

住まいの環境整備は、安心で快適な生活を送る上で、とても大切なことです。断熱省エネリフォームをして、これからもずっと健康で活き活きと暮らしましょう。(^^)/

~将来も安心な住まいの高齢者配慮型リフォームを紹介~

ゲゲゲの鬼太郎で有名な境港市のお客様から浴室とトイレのご相談を頂きました。

築30年を経過した木造住宅で当時の面影が残ったままの印象でした。

水廻りを北側に配置した【薄暗く】【ヒンヤリとした】【出入口が狭く】【段差だらけ】要するに裏方と言った空間です。

「一日のうち何度も使う場所だからこそ、十分に快適な場所であって欲しい」それがお客様のご要望でした。

誰もが年齢を重ねると気が付かないうちに筋力や感覚が衰えて、住み慣れた自宅であっても、少しの段差でつまずいたり、何気ない動作でバランスを崩したりします。

さらに10年先、20年先、いずれ年老いたり、けがをしたり、障害を負ったりしてもずっと快適に過ごしたいと誰もが願うものですよね。

現在の設備に何が最低限必要なのかを検証し、将来も安心な住まいのユニバーサルデザインをご提案させて頂きました。

運動や栄養バランスの良い食事をとって、体の健康を保つのと同様に、住まいの環境整備は、安心で快適な生活を送る上で、とても大切です。バリアフリーリフォームをして、これからもずっと健康で活き活きと暮らしましょう。(^^)/

【 REFORM PLAN 】

図面 (640x448).jpg【 浴室空間 】

浴室1 (640x448).jpg浴室2 (640x448).jpg浴室3 (640x448).jpg【 トイレ空間 】

トイレ2 (448x640).jpgトイレ1 (640x448).jpg

  1. 1
  2.  
  3. 2
  4.  
  5. 3
  6.  
  7. 4
  8.  
  9. 5
  10.  
  11. 6
  12.  
  13. 7
  14.  
  15. 8
  16.  
  17. 9
  18.  
  19. 10
  20.  
  21. 11