スタッフブログ

【大規模屋根修繕工事の完了報告】

こんにちは!花粉症で今話題のマスクを無駄遣いしている門脇です!
今回は、いよいよ引渡しとなった大規模屋根修繕工事の完了報告です。
と、その前に前回までのおさらいをしておきましょう。

着工前
着工前

この度の屋根葺き替えでカバー工法を選択した理由は二つあります。
一つは屋根を葺き替えるときは、既存の仕上材を(屋根材)を撤去してから下地の状況を確認しルーフィング(防水シート)を張り、新しい仕上材を葺きます。しかし、前記のとおり施工した場合だと多大な労力と期間が必要となり、当然ながら費用が約2倍程度に膨れ上がります。そしてもう一つは、今回の物件のように屋根の下では休むことなく配送業務を稼働されており、屋根が無くては大変なことになります。このような条件を考慮してカバー工法を選択しました。

現場成型状況

それでは前回報告した現場成型した後の工程から説明致します。
まずは、内部から漏水個所を目視で確認し、小屋裏の内部へ潜入し下地及び骨組みの状況を調査し、図面に落とし込みます。次に実際に屋根に上がり図面にマーキングされた箇所に行き、屋根表面を確認します。当然、その部分については屋根材をめくり、下階に落下させないように慎重に下地材の交換及び骨組みの補強を施してからカバーリングの作業に移ります。この作業が一番重要な部分となります。これから後は前回の現場成型編で出来た屋根材を重ね張り(カバー工法)して行きます。

軒先部分の着工前
雨樋部分の修繕状況
軒先部分の修繕状況
軒先部分の修繕完了

始めに既存屋根材の上にルーフィングを張ります。これは防水処理だけではなく、トタンの上にSGL(スーパーガルバリウム鋼板)の間に異機種金属の腐食を防ぐ為です。そして棟から軒先まで一枚物の屋根材を重ねて固定していきます。最後に端末を役物で処理して完了です。

絶縁処理(カットルーフィング貼り)
絶縁処理(カットルーフィング貼り)
絶縁処理(カットルーフィング貼り)
屋根材重ね張り施工状況
左:重ね張り/ 中:絶縁処理/右:既存屋根
屋根材重ね張り完了
役物取付状況
雪止め金具取付状況
雪止め金具取付状況
雪止め金具取付完了
完成(棟部)
完成(東側)
完成(下屋根部)
完成(西側)

最後にカバー工法のメリットとデメリットについて補足すると、デメリットでは既存の屋根材の上に重ねたことにより重量が増加しますので構造部に負担が掛かりますが、耐震的に影響されるものではありません。メリットの方が大きく「既存屋根材の撤去費用及び廃材処理費用が不要」「工事期間の短縮」により、どのくらいの費用が削減できるかと言えば、既存屋根の撤去費用¥1,500/㎡+廃材処理費用¥1,800/㎡=¥3,300/㎡×本工事面積:1,400㎡=¥4,620,000が節約されたことになります。非常に大きなメリットですよね!工事期間も約3週間という短期間で完工しました。途中、積雪が無ければもう少し短縮出来てたでしょうね(苦笑)。以上、完了報告でした。

A様邸改修工事

今回は和室の畳をフロアに張替えました。
畳を剥ぐって下地も全部取って新たに座組みをし直します。

 

【BEFORE】


断熱材を入れて構造用合板を貼ったその上にフロアを貼ります。

 

 

 

 

【AFTER】


縁側の床も新たに貼りました!

 

【BEFORE】

 

【AFTER】

 

 

マンションリフォーム

こんにちは!
マツヤの瀧山です。

先日、マンションのリフォームを行いました。

 

ひとつの部屋を残し床を剥がして防音フロアを張り替えました。
また、壁もすべてとり大きな部屋に変更しています。

 

 

キッチン、壁紙も新しくなり新築のようになりました!

虹の付け根

こんにちは、 田中です。
先月、取引業者様からご自宅に咲いた梅の花を頂き、一足早い春を感じていました。
そして、3月に入って段々と暖かくなり、庭の雑草もいつの間にか濃い緑となり、小さな花の蕾を付けています。
もう、春ですね(*^▽^*)

先日の朝、雨上がりに綺麗な虹が出ていました。

いつも思うのですが、虹の付け根は何処にあるんだろう❓❓

虹の付け根を掘ったら お金が出てくる!とか 宝物が埋まっている!とか言われていますが、一度付け根を見てみたいです❕

でも、虹は太陽光が空気中の水分に反射して出来ているので いくら根元の方へ向かっても、反射する空気中の水分の位置とそれが7色に集まるところは移動してしまうので、永久に根元には行けないようです。
それと、虹の色数も国によって違うようです。

世界中で見ることが出来る虹の色の意味は 夢・希望行くことは出来ないかもしれませんが虹の付け根を見れたら きっと何か良いことが起きそうな気がします(*^▽^*)

 

キッチン取替え工事

こんにちは!

先日、県営住宅にてキッチンの取替え工事をさせていただきました。

経年劣化による取替えです。

 

Before ・・・長い歴史を感じますね(^-^;

 

 

After・・・ピカピカに生まれ変わりました!(^^)/

取替えのみなので、3時間ほどで完成です!

 

このキッチンからたくさんのおいしいご飯が生み出されることを期待しています!(^-^)

旧正月

2月の第一日曜日に初詣に行ってきました。
出雲大社です。
旧正月の初詣です。
昨年のお礼参りとご縁を求めて、清らかな気持ちで参道を歩きます。

まずは、勢溜の鳥居をくぐってすぐ右の祓社(はらいのやしろ)で心を清めます。
参道の松並木を進み、手水舎で邪気を祓い銅の鳥居をくぐります。
拝殿から本殿前の八足門に参拝し、東十九社、釜社、素鵞の社で思いを込め、遥拝所、西十九社から神楽殿と、すべての参拝を済ませて再び勢溜の鳥居をくぐります。

ここからはいつものルートで蕎麦ランチです。
幸い天候にも恵まれたので、徒歩移動です。

しっかり腹ごしらえをして、日頃の運動不足を解消しようと、昼食後のウォーキングに向かうのは稲佐の浜。
車での移動でしか行ったことがなかったので、徒歩移動は非常に新鮮でした。
途中で新たな発見もありました。
道路わきに石碑と案内板を発見。
出雲のお国の墓所です。
こんなところにあったんだと思いながらお参りをしました。

最終目的地の稲佐の浜に到着です。
風が強いにも関わらず、結構な人がいました。
その中の若い女性の集団は、賑やかに砂を集めていました。
私はお参りを済ませ、本日の旅は終了です。
次回はもう少し足を延ばそうと思います。

 

【屋根修繕工事(現場成型編)】

最近、屋根工事ばかり担当している門脇です。
年明けのブログでご報告しました屋根修繕工事の第2弾!「現場成型編」をご紹介します。

【作業足場設置状況】

本番前日、屋根葺き材の屋上成型の為、建物の外側にステージ足場を設置します。ここに成型機とコイルを合わせて3t以上の重量物を載せても耐えられる構造となっております。

そして現場成型の本番当日!と言いたいところですが、なんと西日本上空に大寒波が流れ込んで来て15cmの積雪となり、当然ながら作業中止にしました。

【屋根の積雪状況】
【ステージ足場の積雪状況】

ですが、隣地駐車場をお借り出来る期限を延長することが出来ず早速、除雪作業の段取りに変更!弊社から助っ人2名を要請し、私を含めて3名で屋根の半分の700㎡(約210坪)の範囲を除雪しました。さすがに3人共にバテバテでした。

【除雪要請して来てくれた猪原(左)、柏木(右)】
【除雪状況】
【除雪完了】

それでは改めまして現場成型の本番となりました。大型トラック3台分の機材と資材が現場に届き、12tラフタークレーンでステージの上へ吊り上げていきます。

【機材搬入状況】
【ステージ足場へ吊り上げ】
【成型機設置状況】

成型機の準備が整ったら屋根職人が等間隔で整列!そして軒先から棟までのおよそ31mの長さに巻いたコイルを成型機の中に流していくと折り曲げられた状態で職人の手に渡っていきます。

【屋上成型状況】
【屋上成型状況】

そして全員で声を合わせて運んで束ねていきます。簡単そうに見えますが、ここで一人でもズレると折れてしまうので大事な作業となります。

【成型済の屋根材を運搬】

では、一連の流れを動画でどうぞ!

【屋上成型状況】
【成型完了】

絶妙なコンビネーションで丸一日掛けて1,400㎡分の屋根材を成型出来ました。
ここからは1週間掛けて既存屋根の上にカバーリングしていきます。焦らず、安全作業で頑張ります。

キッチンの取替

こんにちは!
マツヤの柏木です。

先日アパートにてキッチンの取替を行いました。
まずは解体から始めキッチンパネルを貼っていきます!

次に吊り戸棚、レンジフードをつけて
キッチンを置いて最後にコーキングをして完成です!

少し小さめなキッチンだったため作業もスムーズに行う事ができました。

曼荼羅アート

こんにちは!福島です。

寒い日が続きますが、皆さん体調を崩されてはいませんか?

私は寒い季節は苦手なので、家の中でできる趣味をみつけようと『曼荼羅アート』というものに挑戦してみました(^^♪

 

黒い紙にコンパスで円を描いて…

色ペンで点や線を描くだけ!

額に入れると作品のようになりました(^^)


トントントンとリズミカルに描く行為は、心が無になり軽い瞑想状態を感じることができるようです。
ヒーリング効果があるみたいですね(*^-^*)
ペンの色や点の打ち方を変えると全く違う印象の曼荼羅アートになります。

やり始めるとハマりますよ~!
寒い季節の趣味に、皆さんもいかがですか(*^^*)

 

自宅でDIY

自宅で半袖半ズボンで過ごしていたら風邪をひいてしまいました。

どうも安岡です。

最近、子どもがブランコにはまっているのですが、公園まで行くのが億劫になってきたので『それなら自宅に作ってしまえ!』ということで作ってみました笑

まずは材料の紹介から~

今回使用したのはこちら!

防腐処理済ツーバイ材

ソーホースブラケット

ブランコ用金具

ブランコ台キット

アマ〇ンとホームセンターで揃えました!

材料の紹介も終わったところで、さっそく組み上げていきます!

まずはツーバイ材にブラケットを取り付けます。

2本のツーバイ材に対して2つのブラケットを取り付け

それを2セット作ります。

ブラケットを取り付け終わったら

出来たものに橋渡しさせるようにツーバイ材を取り付け

立てます。

立てたらそれ以上開かないようにひかえを取ります。

計4か所に控えを取りました。

上の方はまだ仮止めです。

細かな調整をして~

金物を取り付けて~

完成!!

制作時間は2時間ほどでした~

ぜひみなさんも作ってみてくださいね!

米子に根ざして50年の実績!リフォーム・増改築専門店。リフォーム専門展示場もあります。見て、触れて、体験の納得のショールーム。相談・商品確認等、お気軽にご相談ください!!営業時間は10:00〜17:00【駐車場】10台、住所は鳥取県米子市米原7丁目2-1です。詳しくはコチラをクリック
  • ごあいさつ リフォームはお客様とマツヤのコラボレーションです。代表取締役 松浦 常明
  • スタッフ紹介 設計士から現場監督、施工管理まで、すべてが社員スタッフです。
  • 求人情報 明るく、向上心のある職場です。わたしたちと一緒に働きませんか!
  • 【スタッフブログ】何気ない日常に感じたことから、マツヤの最新ニュースまで、日々更新中
  • 【マツヤのリフォーム】提案力、豊富な施工実績、地域密着、安心サービス、マツヤは、住まいのプロが集まる会社です。
  • マツヤのリフォームfadebook