スタッフブログ

緊急告知!省エネ住宅ポイントがはじまります!!

緊急告知!重要!住宅リフォームを検討している皆様へ 省エネ住宅ポイントがはじまります!!つまり今が一番、お得なときです!
窓リフォームの絶好のチャンスやってきました!過去は『住宅エコポイント』の名称で実施された同制度が、『省エネ住宅ポイント』として、対象工事の拡大と、ポイント数の増加と共に再度実施が決まりました。窓リフォームを検討しているお客様には今が絶好のタイミングとなります。「もっと早くに実施すればよかった」とのお客様の声がよく聞かれる窓リフォーム。是非冬場の寒いこの時期にお得にリフォームして、快適生活を一刻も早く楽しみませんか?窓リフォームと合わせて外壁・天井・屋根・床の断熱リフォーム、節水型トイレ・高断熱浴槽など実施してもポイントが付与されます!
国策の動向 《政府の経済対策総額3.5兆円が決定》政府は、2014年12月27日の臨時閣議で総額3.5兆円の経済対策を決定しました。安倍晋三首相は、閣議前の与党との政府懇談会にて、「経済対策をスピード感を持って実行して、消費のてこ入れと地方経済の底上げを図り、経済の好循環を全国津々浦々に拡大していく」と発言しています。《目玉施策のひとつ「省エネ住宅ポイント」》今回の経済対策は、国民の暮らしに関わる施策が多く盛り込まれています。
とくに、昨年4月から始まった消費税の増税で冷え込んだ住宅市場の喚起策として、省エネ性能の高い住宅に新築・リフォームした人に、さまざまな商品・商品券等と交換できるポイントを付与する、「省エネ住宅ポイント」制度を復活させることになりました。
【対象となる工事】《エコリフォームの場合》①窓の断熱改修 ②外壁、天井、屋根、床の断熱改修 ③一定規模以上のエコ住宅設備の改修をリフォーム、他
【ポイントの交換対象】●商品券、プリペイドカード、●省エネ・環境配慮商品等、他
【対象期間】契約期間:平成26年12月27日以降契約のもの、施工・着手期間:平成26年12月27日〜平成28年3月31日、工事完了期間:平成27年2月上旬(予定)〜、ポイント発行申請期間:平成27年3月上旬(予定)〜予算が終了するまで ※遅くとも平成27年11月30日までで締め切られます。
※制度内容の変更が行われる場合があります。※予算額を超えることが予測される場合は、期限前でもポイントの発行を終了することとなります。※省エネ在宅ポイントに関する最新情報は、政府(国土交通省http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/)、企業のフォームページ等をご覧ください。
今が、リフォームのチャンス!省エネ住宅ポイント制度
エコリフォームの場合 発行ポイント数:工事内容に応じ一戸あたり最大上限30万ポイント ※⑧耐震改修工事を含む場合は、最大上限45万ポイント
#①窓の断熱リフォーム 内窓設置
②外壁・屋根・天井・床の断熱リフォーム※1※2 外壁:120000ポイント、屋根・天井:36000ポイント、床60000ポイント ③エコ住宅設備の設置(以下の内3種以上)※1 太陽光熱利用システム・節水型トイレ・高断熱浴槽・高効率給湯機:24000ポイント、節湯水栓:3000ポイン
②※1)省エネ住宅ポイント制度の事務局に登録された型番の商品を使用した工事のみが対象 ※2 )平成25年もしくは平成11年に定められた省エネ基準に適合することが条件
ポイント加算(エコリフォームのみ対象)③エコリフォーム住宅設備の設置:上記①②いずれか+上記③の1種でポイント数上記③の表記のとおり、④バリアフリー改修工事:上記①〜③のいずれか実施の場合に上限60000ポイント、⑤リフォーム暇疵保険加入:上記①〜③のいずれか実施の場合にポイント数11000ポイント、⑥耐震改修工事:上記①〜③のいずれか実施の場合にポイント数150000ポイント
上記プラス、⑦既存住宅購入:上限100000ポイント ※但し発行する①〜⑥のポイントの合算数まで
《ポイント数の交換対象》●省エネ・環境配慮型商品等、●地域産品、●業品券・プロペイトカード、●環境寄付、●エコリフォームを行う工事施工者が追加的に実施する工事(即時交換)など

  1. 一覧へ