スタッフブログ

全日本トライアスロン皆生大会

いよいよ明後日の14日に全日本トライアスロン皆生大会が開催されます。

日本で最初に開催されてから、今年で33回目を迎えるトライアスロン皆生大会。今年40回目となるがいな祭りと並んで、皆が楽しみにしている県西部の夏の2大イベントですね。

気温が30度を超え、じっとしていても汗が噴き出てしんどいと言うのに、3キロ泳いで145キロ自転車を漕いで42.195キロを走るなんて普通の人にはとうてい挑む気にはなりません。出場してる選手はホントに鉄人ですよね。

今年も私は、ある団体を通じて数年前から始めた自転車競技のボランティアとして大会に参加します。米子~境港周辺にお住まいの人は皆生線から国道431号線を走るマラソン競技を見ることが多いでしょうが、今年は是非自転車競技の応援にも足を伸ばしてみて下さい。

時速30キロ~70キロで疾走する自転車(BIKE)の部は、スピード感溢れるとてもエキサイティングなレースを観戦することが出来て、マラソンとは違う魅力があります。コチラのコースもマラソンと同様に沿道の方々とボランティアの皆さんの熱く、温かい応援でとても良い雰囲気を持っています。観戦のオススメポイントは植田正治美術館周辺、淀江ラピスパ周辺、中山トレーニングセンター周辺ですが、くれぐれもレースコース周辺の通行は競技の妨げにならない様にお気をつけ下さい。 

※熱中症対策も忘れずに!

DSCF2012.jpg

  1. 一覧へ