スタッフブログ

お部屋の内装リフォーム ~カジュアルスタイルからナチュラルスタイルへ~

 この度のご依頼者は平成14年度に弊社で増築されたOBのお客様です。
 当時、ご結婚前だった若き二人のご様子を今でもよ~く覚えています。とても仲の良い、ラブラブ感たっぷりのカップルでした。そんなご夫婦の間にも二人のお子様が生まれて十数年経ち、生活スタイルもずいぶん変わってきたようですが、ご夫婦のラブラブ感は当時のままで仲の良さが溢れ出ていました。家の中もとても綺麗にお手入れされており、これもまた当時のままでした。

20151208-1 (640x237).jpg この度のリフォームに至ったきっかけは、お二人のお子様が大きく成長され、可愛らしい冷蔵庫では対応できず、大型の冷蔵庫を購入されることからご相談をお受け致しました。
 Y様のお宅は二世帯住宅で完全に独立していますが、ガレージの上の2階部分にLDKを配置した間取りです。普通に冷蔵庫を入れ替えるには階段からの経路を選択するのが一般的ですが、廻り階段であり廊下巾ギリギリサイズの大型冷蔵庫はさすがに厳しく、2階の窓から冷蔵庫を寝かせて入れなければなりませんでした。無料配達のところが数万円掛かる結果となり、一時は下のガレージを台所へリフォームしようかとお考えになるほど・・・それは無謀すぎますよねぇ。
 冷蔵庫の入替えルートについてご考案し、家電屋さんのご協力を頂き、なんとかかんとか2階に運ぶことで解決しました。が!! このままでは?!
 Y様宅前の通りは割りと交通量が多く、工業団地に隣接しており運送会社が多く、大型トラックが通ると地震が起きたかのように家が揺れます。 長年の揺れに耐え切れず天井や壁に亀裂が入り、そこから隙間風がビューっと・・・たまりませんよねぇ~。
 普通に壁紙を張り替えるだけでは1年も持たず同じことになりかねません!! Y様も同じことを考えておられ、それが一番のお悩みでもありました。そのお悩みを解消することが私のお仕事です。

20151208-2 (487x640).jpg まずは天井と壁に張ってあるボードの継ぎ目にマルチツールという機械を使って2ミリ程度の切れ目を入れて絶縁します。その切れ目にシーリング処理を行います。そしてボードを固定するビスの間隔を細かく下地材に打ち込みました。これはボードの断面強度を高め、振動が伝わらないように緩衝材を入れて絶縁する耐震工法の技術です。
 あとは仕上作業です。お客様と「あ~でもない!?こ~でもない!?」と迷いながらカタログを見て選び、カジュアルスタイルからナチュラルスタイルへ模様替え。落ち着きある白い塗り壁調とレンガ調をベースにし、そして楽しい気分になるようにカラフルな板張り調をアクセントにデコレーション。ナチュラルな素材感を活かした3色を使い別けて北欧ナチュラルテイストに仕上げました。

20151208-3 (640x496).jpg 壁紙のカラーコーディネートと照明のレイアウトを変えるだけで素敵な空間にガラッと変わりました。そして出窓のカウンターに仲の良いお子さんやご夫婦の写真を並べると、とても”ほっこり”した雰囲気になりました。(工事期間:4日間)

  1. 一覧へ