スタッフブログ

【大規模屋根修繕工事の完了報告】

こんにちは!花粉症で今話題のマスクを無駄遣いしている門脇です!
今回は、いよいよ引渡しとなった大規模屋根修繕工事の完了報告です。
と、その前に前回までのおさらいをしておきましょう。

着工前
着工前

この度の屋根葺き替えでカバー工法を選択した理由は二つあります。
一つは屋根を葺き替えるときは、既存の仕上材を(屋根材)を撤去してから下地の状況を確認しルーフィング(防水シート)を張り、新しい仕上材を葺きます。しかし、前記のとおり施工した場合だと多大な労力と期間が必要となり、当然ながら費用が約2倍程度に膨れ上がります。そしてもう一つは、今回の物件のように屋根の下では休むことなく配送業務を稼働されており、屋根が無くては大変なことになります。このような条件を考慮してカバー工法を選択しました。

現場成型状況

それでは前回報告した現場成型した後の工程から説明致します。
まずは、内部から漏水個所を目視で確認し、小屋裏の内部へ潜入し下地及び骨組みの状況を調査し、図面に落とし込みます。次に実際に屋根に上がり図面にマーキングされた箇所に行き、屋根表面を確認します。当然、その部分については屋根材をめくり、下階に落下させないように慎重に下地材の交換及び骨組みの補強を施してからカバーリングの作業に移ります。この作業が一番重要な部分となります。これから後は前回の現場成型編で出来た屋根材を重ね張り(カバー工法)して行きます。

軒先部分の着工前
雨樋部分の修繕状況
軒先部分の修繕状況
軒先部分の修繕完了

始めに既存屋根材の上にルーフィングを張ります。これは防水処理だけではなく、トタンの上にSGL(スーパーガルバリウム鋼板)の間に異機種金属の腐食を防ぐ為です。そして棟から軒先まで一枚物の屋根材を重ねて固定していきます。最後に端末を役物で処理して完了です。

絶縁処理(カットルーフィング貼り)
絶縁処理(カットルーフィング貼り)
絶縁処理(カットルーフィング貼り)
屋根材重ね張り施工状況
左:重ね張り/ 中:絶縁処理/右:既存屋根
屋根材重ね張り完了
役物取付状況
雪止め金具取付状況
雪止め金具取付状況
雪止め金具取付完了
完成(棟部)
完成(東側)
完成(下屋根部)
完成(西側)

最後にカバー工法のメリットとデメリットについて補足すると、デメリットでは既存の屋根材の上に重ねたことにより重量が増加しますので構造部に負担が掛かりますが、耐震的に影響されるものではありません。メリットの方が大きく「既存屋根材の撤去費用及び廃材処理費用が不要」「工事期間の短縮」により、どのくらいの費用が削減できるかと言えば、既存屋根の撤去費用¥1,500/㎡+廃材処理費用¥1,800/㎡=¥3,300/㎡×本工事面積:1,400㎡=¥4,620,000が節約されたことになります。非常に大きなメリットですよね!工事期間も約3週間という短期間で完工しました。途中、積雪が無ければもう少し短縮出来てたでしょうね(苦笑)。以上、完了報告でした。

  1. 一覧へ
米子に根ざして50年の実績!リフォーム・増改築専門店。リフォーム専門展示場もあります。見て、触れて、体験の納得のショールーム。相談・商品確認等、お気軽にご相談ください!!営業時間は10:00〜17:00【駐車場】10台、住所は鳥取県米子市米原7丁目2-1です。詳しくはコチラをクリック
  • ごあいさつ リフォームはお客様とマツヤのコラボレーションです。代表取締役 松浦 常明
  • スタッフ紹介 設計士から現場監督、施工管理まで、すべてが社員スタッフです。
  • 求人情報 明るく、向上心のある職場です。わたしたちと一緒に働きませんか!
  • 【スタッフブログ】何気ない日常に感じたことから、マツヤの最新ニュースまで、日々更新中
  • 【マツヤのリフォーム】提案力、豊富な施工実績、地域密着、安心サービス、マツヤは、住まいのプロが集まる会社です。
  • マツヤのリフォームfadebook