お気軽にお問い合わせください。TEL.0859-33-5379

  • ホーム
  • お知らせ
  • 会社概要
  • 資料請求
  • お問い合わせ

介護リフォーム ご存知ですか?

介護保険を利用すると自己負担1割で介護リフォームができます。安全で快適なお住まいをご提案します!

介護リフォームとは...

ご家族の介護を自宅で行うための介護の負担を減らしたり、介護される方が少しでも自立し、安心して家の中で生活できるための住まいの改修が、「介護リフォーム」です。高齢者や身体の不自由な方に、少しでも住宅環境を改善してお体に負担のない快適な環境をご提案したいと思います。費用に関しましては対象要件を満たすことで介護保険の補助金制度を受けることができます。住宅再生工房マツヤでは、長年の経験を活かし、お客様とひとつひとつ相談しながら予算も含めて納得のいくリフォームを心掛けております。生活に不便や不安を感じることがございましたら、お気軽にご相談ください。

介護保険における補助金制度

介護リフォームをされる際に、対象要件を満たすことで最大で18万円の補助金を受けとることができます。

対象者
要支援・要介護認定を受けている方
対象工事
●手すりの取付け、●段差の解消、●引き戸等への扉の取替え、●洋式便器等への便器の取替え、●滑り防止及び移動の円滑化等の為の、床及び通路面の材料の変更、●その他、上記工事に伴って必要となる住宅改修。※居住者の生活の自立化を支援するための制度なので、お住まいの老朽化等が理由の場合にはこの制度を利用できません。※詳細は当社スタッフもしくは、担当のケアマネージャーまでご相談ください。
補助金額
改修工事に要した費用を20万円の範囲内で10分の9の金額、つまり最大18万円の補助金が受けられます。(1割は自己負担となるため、実際の保険給付額は18万円までとなります。)※住宅改修の給付は原則として、受給者1人につき、1回限りですが、要介護区分が3段階あがった場合、もしくは転居された場合再び20万円の枠が支給されます。※この補助金は、一度で使い切る必要はなく、20万円の枠内であれば複数回に分けて利用することができます。
ご利用例
① 対象工事が25万円の場合:住宅改修支給額18万円 (20万円の9割)、自己負担額7万円 (20万円の1割 + 20万円を超えた額)。② 対象工事費が10万円の場合(残りの10万円は次回利用可能):住宅改修支給額9万円(10万円の9割)、自己負担額1万円 (10万円の1割)

詳しくは米子市ホームページ居宅介護住宅改修をご覧ください。

居宅介護住宅改修へはこちらをクリック

手すりの取付け

 日常の家事・生活の負担を大きく解消する「手すり」。「手すりなんてまだなくてもいい」と思うかもしれませんが、あるべき場所にあるととても便利です。例えば、浴室やトイレ、階段などにあると身体への負担が軽減します。

住宅再生工房マツヤオススメの手すりの取付け場所

01:トイレの手すりのポイント

トイレは意外と身体への負担が大きい場所です。立ち座りや、前かがみ、体の向きを変えるなどの動作による身体への負担を手すりによって軽減することができます。形としては、I型やL型手すりが有効です。

02:浴室手すりのポイント

家庭内で最も危険な場所「浴室」。洗い場や浴槽は、水により滑りやすく事故の多い場所です。浴室や浴槽の出入り付近に手すりを設置することで転倒事故を回避しやすくなります。出入り口用縦手すり、浴槽出入り用縦手すり、洗い場移動用横手すり、浴槽内立ち座り用、洗い場用縦手すりなどがあります。

03:階段手すりのポイント

階段は足腰への負担の大きな場所で、特に高齢者や身体の不自由な方の転落事故が増えてきています。階段は上りと下りでは支え方や、利き手も異なるため、使う方の使いやすい箇所を見極めた上で取り付けることが必要です。また、下地がない場合も多いので補強板を付ける場合があります。

04:廊下手すりのポイント

廊下やスロープは段差が少ないので不要と思われがちですが、フローリングの床は滑りやすいため転倒を防ぐためにも設置をおすすめしてします。曲がり角や、廊下などへの出入り口につけることで安心して移動できます。

段差の解消

 健康な人にとってなんでもない小さな段差。例えば、高低差とは呼べないような小さな凹凸であったとしても、高齢者にとっては危険が潜む厄介な場所になります。「家の中から徹底的に段差を排除すること」は介護リフォームでは大切な条件となるのです。

段差を解消したほうが良い場所とは?

01:エクステリアの段差

高齢者や障害者が自立するには、玄関アプローチ等屋外の改造も重要なポイントです。エクステリアの段差をスロープにすると、つまずきや転倒する危険を軽減できます。段差解消で外出も安心です。

02:玄関ホールと廊下の段差

玄関ホールから廊下へ向かう部分への段差も高齢者には危険な場所です。段差をなくしてスムーズにすることで、つまずきが解消できます。

03:浴室の段差

浴室と脱衣室の床の高さを同じ高さにしたり、排水をスムーズにできる水はけの良いグレーチング(排水口の蓋)を設置すると効果的です。

扉の取替え

開き戸は開閉時に多くのスペースを取られてしまい、身体を安定させる場所が狭く不自由です。押したり引いたりバランスを崩しやすいものです。引き戸は開閉時のスペースや立ち位置の移動が少なくて済むため、不安定になりにくく安心です。無駄な動きを無くし、身体への負担を軽減します。開き戸を引き戸、折れ戸、アコーディオンカーテン等に取り替えるといった扉全体の取り替えのほか、力のいらないドアノブへの変更、戸車(戸の開閉をスムーズにするための車輪)の設置等も介護保険の補助金給付の対象工事になります。

《取替え前》ドアだと身体のバランスがとりづらく、おまけに開閉する時に足をぶつけたりする。《取替え後》引戸はラクに開閉できてうれしいね。

入り口を開き戸から3枚戸に取替えることで開口が広くなります。

玄関ドアは途中まで開けると2枚の扉が連動して静かに軽く開きます。開口も半分以上開くので車いすでもスムーズに通れる広さです。

和式から洋式便器等への取替え

トイレのリフォームは住まいのリフォームの中でも、需要の高いリフォームのうちのひとつです。築数十年経っている住宅では、トイレが和式である場合が多いでしょう。和式便器は段差があり、屈まなければいけない形状で腰や膝に大きな負担がかかります。ご本人の足腰が辛いのはもちろん、介護する側も大変です。また、便座への立ち座りを補助するために座面の高い機種に取替えることも可能です。

便座が電動で昇降して立ち座りをサポート!電動で便座が昇降する「トイレリフト(昇降便座)」を取付けました。アームレスト付きタイプなので身体をしっかりと安定できます。

こんな方におすすめです!!●立ち座りがつらい方、●ドスンと座り、立ち座りが不安な方→座面が高い位置までサポートするので安心です。●狭いトイレでの介助が大変な方→高い位置からの立ち座りで介助の負荷が軽減されます。

滑り防止及び床材変更

高齢により足腰が弱ってくると、身体の平衡をとりづらくなり、ちょっとしたことで転倒事故につながる場合があります。住宅内での事故を防ぐために、それぞれの場所にふさわしい床材に変更することをオススメします。

居室においては畳敷きから板製床材、ビニル系床材などへの変更、浴室においては床材の滑りにくいものへの変更、通路面においては滑りにくい舗装材への変更等が想定されるものが介護保険の補助金制度の対象となります。

  • 手すりの取付
  • 段差の解消
  • 扉の取替え
  • 和式から洋式便器等へ
  • 滑り防止・床材変更

ページトップ